| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
カジノ 国 ランキング店情報 機種インデックス カジノ 国 ランキングインデックス 商品インデックス

カジノ 国 ランキング カジノ 国 ランキング カジノ 国 ランキング業界カジノ 国 ランキング

業界13団体が「カジノ 国 ランキング・カジノ 国 ランキング産業賀詞交歓会」を共催 遊技通信 2024年2月1日

業界13団体の共催による「カジノ 国 ランキング・カジノ 国 ランキング産業賀詞交歓会」が1月31日、東京・新橋の第一ホテル東京で開催された。

当日は、13団体を代表して全日遊連の阿部恭久理事長、日工組の榎本善紀理事長、日電協の小林友也理事長がそれぞれ挨拶。冒頭に登壇した全日遊連の阿部理事長は、「コロナ禍の影響を受けた3年間で全国のホール数は大幅に減少しており、カジノ 国 ランキング・カジノ 国 ランキングから離れてしまったファンの回復には至っていない。現在はスマートフォンをはじめとするモバイル端末の普及により自宅で余暇を過ごす方も多くなっているが、ネット空間では味わえない実店舗に足を運ぶというカジノ 国 ランキング・カジノ 国 ランキングの持つ魅力を最大限に活かし、お客様に癒しと楽しみの空間を提供していきたい」と述べた。

日電協の小林友也理事長は、「日電協は遊技機メーカーの団体として、今まで以上にファンに受け入れられる機種を作っていかなければならない。初心者でも遊技しやすく、射幸性に頼らないゲーム性に富んだ機種を提供できる環境を整え、ファンの獲得に向けて一層の努力をしていく」と語った。

来賓として挨拶した遊技産業議員連盟会長の田中和徳衆議院議員は、風適法に組み込まれている遊技業界のあり方を改善していく意向を示したほか、警察庁生活安全局保安課の松下和彦課長は、業界の健全化に向けた取組みや各種社会貢献活動を高く評価し、「今年も引き続き業界と良いコミュニケーションを図りながら、健全な娯楽として安心して楽しめる空間を作っていただくための施策を推進していきたい」と述べた。

【最新記事】

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

カジノ 国 ランキング業界の社会貢献

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。